デジタルガジェット

5000mAh×550円(円)の高コスパモバイルバッテリー!Wattsで購入!

デジタルガジェット

5000mAh×550円(円)の高コスパモバイルバッテリー!Wattsで購入!

こちら100円均一ショップのwattsさんで見つけました。

価格は税込で550円で容量は5000mAh、そして出力が最大2.1Aです!

そう、この550円クラスのモバイルバッテリーってほぼ出力は1Aなんですよね。

で、以前に紹介したこちらの商品。

キャンドゥの550円モバイルバッテリー

HIDISC MOBILE BATTERY 100円ショップ「Can☆Do/キャンドゥ」の最強コスパモバイルバッテリー
コストパフォーマンス最強と言えるのではないかと言えるモバイルバッテリーをCan☆Do/キャンドゥで発見です!!!使ってみるとまさに最強!個人的100円ショップガジェットベストワンです!

キャンドゥで購入したこちらも5000mAhの2.1A出力で価格が550円なんです。

で、こちらの紹介の際にも記載しておりますが、

100円ショップのモバイルバッテリーって、、、

500円クラス→4000mAh/1A ⇨ 1Aという出力に引っかかる

そして次のランクに行くと・・・

1000円クラス→10000mAh /2.1A  ⇨ 10000mAhいらない、のに1,000円、、、

という個人的にこの感覚があったんです。

かつ10000mAhのってかなりでかいんですよね、みた感じ。

購入したことないのであくまで店頭販売時の見た目だけですが、、、。

と、言うことでこのキャンドゥでのモバイルバッテリーはコストパフォーマンスも高く、めちゃくちゃ活躍してくれています!

と、そんな中で今回の同じスペックのモバイルバッテリーを発見したのでチェックしてみたいと思い購入です。

Wattsで購入 5000mAh モバイルバッテリー【PAWER BANK】

まずはパッケージ情報から。

5000mAhや2.1Aというのはここまでで述べてきた通りで、その他にも色々書いています。

まずは、、、

3台同時充電ができる
Type-C 30cmケーブル付き
安全回路設計
あんしん自動式別充電
LEDランプによる残量情報
PD出力のACアダプタ・カーチャージャーでは本体の充電は行えません。

パッケージの表の情報はこんな感じです。

裏面の情報はこちら。

細々詳細記載されております。

一応抜粋してサイズ感と重さ、、、

寸法:H93mm x W63mm x D 14.5mm  重量:約117g

また出力のポートについては絵で3箇所ある説明とUSBについては⚡︎マークで出力の大きさを示しております。

5V 2.1A:USB⚡︎⚡︎、Type-cポート / 5V 1A:USB ⚡︎ / 合計最大2.1A

という感じ。主要情報はこんな感じでしょうか。

で、この後、開封するのですが、中にきちんと説明書も入っています。

かなりしっかり情報記載されています。

それでは開封からの本体の様子をご紹介です。

開封してみました

まずは写真を、、、

角はアールついてみますが全体的には角ばった印象。

裏面はこんな感じで情報記載されているヤツです。

で、写真の通りですがまずType-Cケーブル付きです。

本体の各面を見ていきますと、、、

横面にはマイクロBポート2.1A入力です。シンプルにこれだけ。

逆の横面。

こちらもシンプルにボタンひとつで残量確認ボタンです。

で、これを押してみると、、、

バッテリー残量確認ボタンと購入時の残量

この通り、三つ目まで光りました。

こちらは購入後、開封後すぐの状態です。

ちなみに説明書に残量の説明も記載されておりました。

●:0〜25% / ●●:26〜50% / ●●●:51〜75% / ●●●●:76〜100%

というわけで出先で買ってその場で使っても51%=2500mAhは最低でも容量ありってことですかね。

では続きまして、、、

充電してみました

とりあえず初期で入っていた残容量で試します。

まずはUSBの⚡︎マークが二つのポートから。

2.1A出力:⚡︎⚡︎USB

充電しているのはiPhone 12 miniです。

数字を見てますと

4.92V×1.94A=9.54W

いい感じですね。しっかり数字出ていると思います。

1A出力:⚡︎USB

続いて半分の出力のこちら。

4.92V×1.91A=9.39W

あれ?変わらんやん。。。

最大2.1Aってところで影響出るのでしょうか。。。

試してみましょう、測定器の方は引き続きiPhone12miniのまま、⚡︎⚡︎USBの方には新たにAndroidのスマートフォンを接続。

4.67V×1.37A=6.53W

うーん、微妙な数字です。最大で2.1Aで単純に二つに分けると1A以下になるかなと思いましたがそうでもなく、、、ちょっと詳細までは確認できないので情報はここまで、参考値程度に見ていただければと思います。

ちなみに重複したリンクになりますが、先に紹介のこちらのモバイルバッテリーでは⚡︎ひとつマークは出力弱かったです。

HIDISC MOBILE BATTERY 100円ショップ「Can☆Do/キャンドゥ」の最強コスパモバイルバッテリー
コストパフォーマンス最強と言えるのではないかと言えるモバイルバッテリーをCan☆Do/キャンドゥで発見です!!!使ってみるとまさに最強!個人的100円ショップガジェットベストワンです!

2.1A出力:Type-Cポート

最後にこちら、Type-Cポートです。

というわけで1本だったらどこを挿しても2.1A×5Vに近い感じの数字でした、、、

サイズ・重量感をご紹介

サイズ比較

ざっとこの前のモバイルバッテリーと比較してみます。

ん?意外と今回購入の方が小さく見える、、、

小さい!若干小さい!

けど、、、分厚い!!

個人的には前に買った方(写真では白い方)が小さく感じておりましたが厚みの問題かなというところです。

重さ比較

取扱説明書にも記載されておりましたが、今回購入のモバイルバッテリーは

実測:123.5g

えっ?約117gって結構差がありますね。6.5g、、、たかがですがされど、、、。

ちなみに白い昔に買った方は、、、

若干軽くて121g、軽さはこちらに軍配が上がりましたね。

総括!!5000mAh モバイルバッテリー【PAWER BANK】

出力が説明書よりブレている感がありますが、出力はしっかり2.1A出ているので問題なし!

スペックは間違いなく550円(税込)以上の高コストパフォーマンスの良いモバイルバッテリーです。

角ばった感じのデザインは結構好みでしたので個人的には良し!

ちなみにキャンドゥで購入したHIDISCのモバイルバッテリーと比較してもほぼ同じスペックですのでデザインの好みでお好きな方を選べるのではないでしょうか!

以上!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました