デジタルガジェット

Can Do (キャンドゥ)で購入!550円のPC・タブレットスタンド

デジタルガジェット

スリムでコンパクト!Can Do (キャンドゥ)で買えるPC・タブレットスタンド

300円から1000円にかけての価格帯で商品の充実が見られる100円ショップ、Can Do(キャンドゥ)でPC・タブレットスタンドを発見。家電量販店や雑貨店でも、昨今よく見かけるスタンドですがキャンドゥのは550円(税込)です。

これ、かなり安いですね。

Amazonで調べるとこんな感じで・・・これも結構安い方ですが。

それがなんと550円とは・・・

と、いうわけでご紹介してまいります。

Can Do(キャンドゥ)のPC/タブレットスタンド

 

パッケージこんな感じです。

はい、ではここで購入前にパッケージで確認できることを箇条書きです。

7段階角度調整 18°〜42°
大きさ調整 4.5cm〜16cm
14インチ以上のノートパソコンには使用しないでください
収納時:2cm×4.5cm×22.5cm / 最大時:14cm×16cm×22.5cm ※高さ×幅×奥行き
素材/本体:ABS樹脂 滑り止め:シリコーンゴム ネジ:ステンレススチール

と、こんな感じですかね。

素材をあえて赤枠なのは本体がABS樹脂なので特記事項的にです。

私の感覚的なところかもしれませんが、この手の商品はアルミやスチールのものが多かったのであくまでもプラスチック的ですよの注意事項です。

まあパッケージ持った時に「軽いっ!!」なるので金属製ではないことはすぐわかるかもですが。

もちろん軽量は持ち運びに便利、という点では大いに優れていますよね。

では、中身を見ていきましょう。

開封!

こちら、裏おもてです・

プラスチック感満載です!ここまでプラスチック感あるかーーーーっつてのが最初の印象。

正直マイナスポイントです。

なんか収まりも悪くてガタガタしている雰囲気でパチっと収まっている感じがなく、持っていてもちょっとずれたり落ち着かない印象。

素直にこんな感じです。

開いてみました

ここでもパチっと感はなくただ開いただけ・・・という感じです。

大きさ調整可能と謳っているのですが、逆にいうと特にストッパーもなくパカパカ開いたり閉じたるするよ、てな話です。

大きさ調整 4.5cm〜16cm
と、加えてこちらについてですが。。。

閉じたら4cm、開き切ったら16cmという感じです。

正直、、、4cmでは使いませんかね。

スマホ乗っけても不安定でした。。。

基本的には16cmのみでの使用という感じです!

立ててみました

では立体にしていきます。

この棒を立てて溝にはめれば立ち上がっていきますね。

このあたりはベーシックな仕様です。

こんな感じです。ただ住まいは悪くないですね!

プラスチック感できちんとPC乗っけて安定するかは不安ですが・・・そちらは後ほど。

7段階角度調整 18°〜42°

角度の検証です。

 

18°〜42°までこんな感じです。ってこんな感じって言われても伝わらないかもですが、調整はきちんとできております!可動域については個人的な感想になるのですが、わたくしとしては問題ない可動域です。

PCスタンドしてみました

それでは本番!PCスタンドとしてきちんと使えるか・・・です。

正直今のところの印象ではプラスチック感の不安定さが心配です。

こんな感じです。角度は42°です。私的にはこのMAXの角度が良いかなと。

ではこれできちんとタイピングできるか・・・

できました!画像では何も伝わらないですが、意外とブレずにタイピングできます

これは使えるレベルですね!

というわけで使えるか、使えないかという点においては使える商品です!

ちなみに・・・重さは

サイズ感はコンパクト推しでパッケージに記載がありましたが重さの記載がなかったです。

正直プラスティック感満載のチャチさがあるのでそこは軽量押しでしっかり重さの記載をした方が良いのではという印象です。

で、測ってみましたが

82.6gです!

100g切ってますね!

ざっとスチール製の同じ形状のモノで260g前後っぽいです。

というわけで1/3くらいの重さですね。この点はだいぶメリットではないでしょうか。

総括!!Can Do(キャンドゥ)で買える PC・タブレットスタンド

素材のプラスチック感は強度がなさげで不安定さを感じる・・・
が、意外ときちんとスタンドとしては使用できました!!
軽量性は抜群です!!持ち運びにはおすすめ!
ただ、この形状ですが持ち運ばない人にはスチール製のがっしりした方が良いかな・・・
価格と重さがスチール製の1/3以上!!がメリットという感じでしょうか!
以上!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました