デジタルガジェット

100円ショップで購入のワイヤータイプのスマホ&タブレットスタンド

デジタルガジェット

100円ショップで購入のワイヤータイプのスマホ&タブレットスタンド

今回購入は100円ショップで購入できるワイヤータイプのスマホスタンドです。

正直ワイヤー型のスタンドは100円均一のものはダサいと思っておりました。

※正直今もデザインとしてはイマイチと思っておりますが。。。

っと、購入したのはコレ。

で、そもそもワイヤー型のスタンドってこのイメージだったんです。

すみません、アマゾンの情報ですが、このワイヤースタンドがまさにワイヤースタンドと言うイメージでした。

これをベースで考えると100円均一で販売されているものは左右のネジ的なものは主張しすぎてダサいな、と言う印象なんです。

と、いっておりましたが価格の安さが気になって購入してみました・・・

と言うわけで使い勝手がどれほどのものかを紹介します。

ちなみにこちらはCAN☆DO(キャンドゥ)で購入しましたが、DAISO(ダイソー)でもパッケージ違いと思われるものを購入できます。

ワイヤータイプのスタンド紹介

今回購入のスタンドのタグ(説明書)はこんな感じ。POPな印象です。

裏面には説明が記載されております。

記載内容のご紹介です。

□使用方法

①側部のハンドル部分を緩めてスタンド幅を調整します。

②用途に応じて角度を調整したあとハンドルを締めて固定します。

※本品は完全に固定するものではありません。使用状況によっては角度が変わったり、スタンドが倒れる場合があります。

 

と言う感じの説明ですが特に重要なところはなさそうです。

見た目通り、ハンドル部分の締めたり緩めたりで角度を決めていくと言う感じですね。

ちなみにタレット版もスマホ版もサイズ記載内容以外は裏面の記載内容は一緒です。

角度調整を試してみましょう

それでは実際に使ってみるイメージで角度をいじっていきます。

の、前にハンドル部分の仕組みをチェックです。

ハンドル部分解説

ますはハンドル部分のアップ画面です。

結構主張していますね。そして内側にはネジ穴です。

と言うわけでネジで固定されていると言うことですね。

で、バラすとこんな感じ。

見たまんまですが、三つにパーツが分かれます。

で、一番外側が一番幅があります。

で、ネジがあるとこんな感じで外側が幅が広くなっているので自然と反発している感じ。

上の右の画像の通りで三つを固定しようとすると少し力がいる感じです。

と、こんな感じで緩めたり締めたりして固定と角度調整ができます。

角度調整してみました

では角度調整です。

とそんな大層なものではないので簡単に説明です。

まずはスタンダードな感じから。

タブレットタイプでiPad Air4を立てかけております。

余裕の安定感です。ちなみにiPadはヨコ向けに置いております。

この感じが一番ベーシックな感じでしょうか。

続いて浮かせるパターン。足2本を土台として、引っ掛ける部分のついたところ浮かせるスタンド方法。写真のiPadは縦向きに置いています。

この形状で使うのは角度が浅くなります。

浮いているメリットとして縦型でコンセントをさせるという点でしょうか。

浮いているので充電コードを挿しても邪魔になりません。

個人的にはこの感じが一番気に入っています。

角度を調整してみました。この感じでできるだけ角度をつけるここまでいけます。

この状態でもL字タイプのケーブルなら設置可能です。

ちなみにこのL字タイプのType-Cケーブルも100円均一ショップで購入しています。

ダイソーで購入!よろしければこちらも併せてご覧くださいませ。

U字型・L字型60Wケーブル!ダイソーで購入!220円の高コスパ商品!
U字型・L字型60Wケーブル!ダイソーで購入!220円の高コスパ商品!充電速度向上でPCやiPadにお薦めできる形状!充電時のコードがとってもスマートになります!

角度調整その2

3組のワイヤーで構成されているのでこんな感じの使い方も。

背もたれ長めのスタイル。タブレットの縦置きの際に活躍します。

タブレット以外にも雑誌や紙の資料を立てかけたりする時にも使えます!

スマホの方は?

ここまではタブレットの方で画像を交えてご紹介してみました。

ではスマホサイズの方は?

サイズが違うだけで一緒です。

なので使った感じの画像を一挙公開してご紹介にかえさせていただきます。

ベーシックな使い方。

浮かして浅い角度。

背もたれで起こして角度きつめ。

垂直。

角度かなり浅め。

L字スタンドタイプ。

と、こんなに多彩にいろんな形で使えるのです!

そして左右のハンドルできちんと固定できるので安定性も抜群。

この点はかなり優れていると言えます!

と言うか、、、デザインダサいと否定してきたけど使い勝手はかなり良いです!!

では最後に、、、サイズ感だけ真面目に説明します。

サイズを測ってみました

で、いろいろいじってみましたが意外とスマホタイプのワイヤーの幅が狭いな、と言うのが気になりました。なのでどんなもんか、と言うのを単純に測ってみました。

スマートフォンスタンド 実測

タグに大きさが書いてありますのでそちらと並べて写真を撮りました。

まずはワイヤーのスタンドとなる前面部分の長さは、、、

約5cmです。結構小さいですね。

ちなみに説明書のサイズ表記は、、、

約8cm×8.5cm

って何がこの大きさなん?ってなるサイズ表記です。

で、いろいろ測ってみますと、

ハンドルの端から端の幅の長さが約8cmでした!

なので本当に外寸という感じですね。

ちなみに長さ(高さ)も。

伸ばすと約16cmとなっておりまして、畳んだ時のハンドルまでの長さは8.5cmと言ったところですね。

タブレットスタンド

続きまして、タブレットスタンドです。

幅12cmってところです。

まあほぼほぼのタブレットで対応というところは間違いなく、それ以上でもそれ以下でもない情報です。

以上、参考までに。

統括!100円ショップのワイヤータイプのスマホ&タブレットスタンド

正直ダサさ、デザインの野暮ったさは否めませんが、、、

100円でこの使い勝手の良さ、スタンドとしての機能性はかなり良いです!

本当にかなりいい、、、だんだん見た目も許せてくるような、、、

ってくらい機能面では文句なしですね!

以上!!

ちなみにこれも一つのスマホスタンド

同じダイソーでペンでありながらスマホスタンドとしても使用できる面白いものを発見。

スマホスタンドとしては機能の一つですがしっかりスタンドとして使用できましたのでご紹介です。

DASIO(ダイソー)で110円で買える!高機能のタッチペン4in1!
各々きちんと機能を果たしていることから結構良い商品です!しかも言わずもがなの高コスパ商品!冷静にこれが110円ってどういうこと?レベルの商品ですね。実際生活の中でこれを一本持っててよかったなーと思うことがあるのかどうかは疑問ですが、ギミックの詰まった楽しい商品ですので話のネタとしてもおすすめです!

よろしければご覧くだささいませ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました